バリフはレビトラのジェネリック医薬品です

世の中、薬はジェネリックと言う雰囲気になって来ています。
このジェネリック医薬品と言われる薬は、非常に安価で良い薬と言えるのでしょう。
それは先発医薬品と言われる薬を見本にして、同様に効果が出るように作られた薬ですが、先発医薬品とは違い、開発費等の費用がかかっておらず、3分の1以下の価格で売られていると言うのが現状です。
そんな先発医薬品で人気の薬が、ED薬と言われる勃起不全を改善する薬です。
このED薬には、誰もが知るバイアグラを始め、レビトラ、シアリスと言った3種類の薬が販売されています。
この3種類は、それぞれに特徴を持った薬で、持続時間や服用方法などに違いがあり、それぞれ希望にあった服用方法があるのです。
持続時間が長い方が嬉しい人には、シアリスなどが合致しますし、力強い勃起を望む時などはレビトラが良いなど、それぞれ好み、特徴によって飲み分ける人もいます。
このような先発医薬品に対し、後発の医薬品をジェネリック医薬品と呼んでいるのですが、バイアグラ・レビトラ・シアリスにもこのジェネリック医薬品があります。
本来ならば、先発医薬品と言われる薬には、特許が許されています。
その特許期間が切れるまでは、後発医薬品の発売は出来ないことになっているのですが、インドは他国と法律が違い、製造が可能になっています。
そのため特許期限が切れる前でもジェネリック医薬品が発売される原因にもなっているのです。
インドのような人口が多く、開発後進国が国内での経済成長が急速に伸びる中、インフラ整備が間に合わない状況が続き、高額な先発医薬品の購入は非常に大変なことになります。
そのため、多くの人に薬が行き渡るためには、ジェネリック医薬品の開発が盛んになり、欠かせない存在になっています。
しかし2005年以降は、医薬品の特許も認められることになり、他国同様に処置になりました。
そんなジェネッリク医薬品であるバリフも、このインドで作られたED治療薬です。
この薬は、レビトラのジェネリック版として作られたもので、やはり価格が相当安価なことから人気になった商品です。
バイアグラとの違いは、効き目が早く現れるところで、服用後のタイミングが簡単なことから好まれた薬でもあります。
バイアグラの場合、若干間を持つ時間があり、気持ちと身体のタイミングを合わせる必要もありましたが、バリフは即効性があり精神的にも服用しやすい薬です。
バリフの副作用を心配される方もいるのですが、副作用についてはレビトラとほぼ同様なものが起きて来ます。
頭痛や鼻づまりなどの症状が起きやすいと言われますが、全く感じないと言う人も多くいるのです。
ですがこの薬は、そのような症状が起きた時など、心臓血管系の病気を持っている人などは狭心症を起こしてしまうことも有り得ますので、服用は避けるようにしましょう。
このような病気を持っている人は、必ず医師の診断の元に薬の服用をしなければいけません。

Comments are closed.